市川市大野町駒形大神社の「にらめっこおびしゃ」レポート

今日はにらめっこおびしゃの日。
市川市大野町の森の中におわす、駒形大神社のメインの行事です。
すっかり忘れていて、お昼になってから子供たちに言われて慌ててダッシュ!((( 三( -_-)
石の階段をあの速さで駆け上ったのは後にも先にも一度だけだわ、こりゃ。

このお祭りは「毎年1月20日」と決まっているので、
来年は日曜、忘れないようにして朝からスタンバイしたいものです。
朝から夕方までほとんど一日かがりで行われているので、
最初から見てると流れが判っていいかも♪


*******************************************************
御奉謝は、安政6年(1859)の記録に載っている約150年続く、
五穀豊穣と村内(60数戸、8組)安全を祈願する行事である。
当初は、1月19~20日の2ヵ日間行われていたが、終戦後は20日に行われる
*******************************************************
だそうですー。(川柳と旅と写真のホームページより)
昭和40年には、市川市指定無形民俗文化財に指定されてます。
ちなみに↑の写真は大根の形をした「猪大根」。か、かわいいーん。


お餅つきは午前で終わってしまったので、午後からの「にらめっこおびしゃ」を見学することに。
待つ間に外国の方がたくさんウロウロなさってます。

『どこか、この近くにレストランとかありますか?』と聞かれたけれど、ないんですよね・・。
うう。
『この近くに大きなゲームセンター(大慶園)があって、そこでなら軽食は食べられますけど・・・』
と答えたらちょっと離れたとこで相談中。
『ガンダムの新しいゲーム、試したいんだよねー♪』
とマニアックな会話が漏れ聞こえてきました(爆)
このお祭りが終わったら直行されたのでしょうかー(o^∇^o)ノ


日記の引継ぎの儀式が終わると、いよいよにらめっこおびしゃです。
『おびしゃ』という名前で、「弓矢を用いないお祭り」は珍しいみたい。
しかも笑わせるっていうのが和やかでいいですねっ。


沸騰させたお酒を注がれた杯を、笑わずに無言で飲み干さないといけないんですね。
しかも、相手と同時に飲んで、杯をテーブルに同時に置かないといけないみたい。
後半で外国の方にもどうぞどうぞと招いての勝負。


ルールをしっかり理解なさってない、外国の方が先に杯を置いちゃったけど
行司さんがちょうど余所見していたので、
周りの人がセーフ!セーフ!と大笑い♪周りが笑ってばかりの勝負でしたー。

見学していた長男も成人したらやりたいとやる気満々。
いい後継者になっておくれーと思った、伝統行事の一日でした。
来年こそはスタートからっ・・・(涙)

詳しい写真や説明をされている方のサイトがありました。
どうぞごらんください。
川柳と旅と写真のホームページ
http://homepage3.nifty.com/takakei3/nira-frame.html


↓過去のニュースから「にらめっこおびしゃ」を含む記事をピックアップ↓
「にらめっこおびしゃ」って知ってますか!?
http://motoiko.yukiboulife.com/topnews/2003/200301011.html
2007.01.20(土) きらきら