大野町4丁目自治会大野町のチャリティー餅つき2006 !体験レポート♪

秋も深まってきた2006年11月23日(木)。
今年も恒例の「大野町のチャリティー餅つき」の日がやって参りました。
風の冷たい曇り空でしたが、「行けば暖かいお餅が食べれるん!」と
テンションを上げて自転車で向かいましたのは南大野の4丁目!
では、美味しそうなレポートをどうぞっ♪


さてさて南大野の会場に到着です。 
チャリティーということで募金箱に任意のお金を入れました。
この大野町の皆様の気持ちが伝わればと思います♪


美味しいお餅サービスは、お米をお釜で炊くところから手作りです。
炊き立てのお米をまずはお餅マシーンでこねこねし、
ころあいを見計らって「臼(うす)」に移動します。
(この辺りは去年と同じなので詳細は去年レポートをご覧ください♪)


そしてここからが大人たちの腕の見せ所です。
大きく腕を振り上げてお餅を付いていきます。
「ドシッ、ドシッ」と力強い音があたりに響きます。
自治会の方、つまり大野町のお父さん方、素敵です。
子供達は並びながらおわんと箸を片手につき上がりを待ちます。


自分もやらせていたのですが、日ごろの運動不足がたたり、
「ペシッ、ペシッ」となんとも情けない音になり、子供達にも笑われる始末でした。
くぅー、こりゃ修行が必要ですね(笑)。


そしてこのうすですが、市川の市議会議員、三橋二三男さんの
私物だそうでなんと50万円する自慢の品なのだそうです(笑)。
写真をお願いすると気さくに応じてくださいました♪

自治会の方に
「募金を頂いてもこんなにお餅をサービスして赤字じゃないです?
差し引きして協会への募金って出来るんですか?」
という大胆な質問をしてみると、

集まった募金は全額寄付しており、なのでお餅にかかるお金などに
大野町4丁目自治会から捻出しているのでちょっぴり赤字と笑って話してくれ、
「集まってくれる子供達の中には子ども会に入ってない子もいるので、
子ども会にもっと入ってくれると嬉しい。」
とのことでした。
うーん、かっこいいですねぇ、大野町4丁目自治会。


つきたてのお餅を頂きますーー。
おおー、伸びる伸びる~。美味しすぎます♪

イベント中、
子供さんがお餅をほお張りながら「この町に住んでて良かった~」と
言っていたのを耳にしました。下手な映画よりも感動しましたよこりゃ。
大野町4丁目の自治会の皆様、あなた方のやっていることは
きっちりと子供達のハートにも響いておりましたよっ。


「第1回全国女子フットベースボール大会」で見事優勝した「大野町ブルースワローズ」の
報告会もありました。いやー、日本一なんて、スゴイですね♪

というわけで、美味しいお餅を今年もご馳走様でしたー。
体験レポート終わります♪

「チャリティー餅つき大会」の去年のレポートはこちら♪
http://motoiko.yukiboulife.com/feature/20051123charity_motituki.html
2006.11.24(金) 魔法使い