「八幡のぼろ市」(農具市)20日(水)まで開催中!2006年の体験レポート♪

スイカ大好き、お祭り大好きのオイラです。
15日~20日の間、八幡の葛飾八幡宮(かつしかはちまんぐう)、通称八幡神社(やわたじんじゃ)にて
お祭りが開催されております。
行ってきましたので、体験レポートをどうぞ♪

昔は腕の良い職人達がカマやクワなどの農具を売る市場だったのですが
それも時代と共にお祭りに変化していき、今の形になりました。
現在は農具を売るお店は2,3店舗しかありませんが、それでも
「職人の作るこだわりの品」ものを求めて毎年買いに来るお客さんも多いのです。


屋台もたくさんです。25店舗くらいあったかなぁ。
(例えこれ以上数が増えても、同じ物の繰り返しなので
このくらいがベストなんじゃないかなぁ、なんて個人的には思います(笑))
気持ち、去年の2005年よりも盛り上がっているような気がしたのは
気のせいでしょうか。少なくても屋台の数は絶対に増えてましたよ~♪


農具を売るお店です。(写真はまな板とクマデ)
カマやクワ、ミノは勿論、
風呂桶、しゃもじ、米びつなどなど、木の製品も充実。
安くて良い品で、そしてなかなか珍しい商品がここかしこなのです。

友人が見ている「木のまな板」を見てみると、お値段なんと500円~。
「お嬢さん、なんかみてってよ、うちの商品は他のとは違うよっ」
というおじさんのトークも面白くて、気持ちよく買い物が出来ました。

買い物をしていた方と話してみると(こういう雰囲気も好き)
「去年も来たのよ。安いからね、また来年来ればいいのよ♪」
と楽しそうにまな板の品定めをしておられました。
木で作られてると1つ1つ木目も違うので、選ぶのが楽しいのです。


今回、オイラが買ったのはまな板とゲタ。
うーん、可愛い。
こういうゲタが欲しかったんですーー。

こぼれ話ですが、
名古屋では「あんず飴」(コーンの上に置かれた練り飴付きのあんず)が
ないそうで、千葉に来てから初めて見たと友人が言ってました。
そして新潟のお祭りでは「ぽっぽ焼き」という長細いパンのようなお菓子を
売る屋台が必ずありそれが大好きだったのですが、
千葉にはソレが無くて寂しい思いをした経験があります。
地域の味が出ていて面白いですね♪

15日~20日まで葛飾八幡宮にて「八幡のぼろ市」開催中!(2005年の体験レポート)
http://motoiko.yukiboulife.com/topnews/2005/200509014.html
2006.09.17(日) 魔法使い