やわたまつりのお神輿に向けて、少しずつ放置自転車を減少に!
友人からメールにタレ込みがあった。「放置自転車に紙を貼り付けている人たちが居るんだけど、やわたまつりの情報が裏にあってちょっと面白い。取材してみては?」うむ、これは行ってみるしかない。

南八幡の駅シャポーの道沿いにズラズラと置かれている放置自転車。情報どおり、それらに3人の男性が黄色い紙を貼り付けていた。「紙には2日にお祭りがあるので駐輪しないで下さい」というお願いが書かれている。

話を聞いて見ると「私たちは完全なボランティア。商店街やシャポーなどに買い物に来るお客さんが、自転車をなるべく近くに止めたいという気持ちは分かるし、難しい問題だと思う。全部なくすのは難しいかもしれない。でも少しずつ駐輪している時間を減らしていくだけでも意味があるから」とボランティアの石井さんが丁寧に教えてくれた。

放置自転車の問題は、筆者も自転車愛用者なので避けては通れない。地域のお祭りを楽しいものにしたいと、裏方でコツコツ活動している人が居る。その人の声を聞けただけで、筆者の考えも変われそうだ。


せめて、お祭りの前後だけでも、駐輪場に歩いて留めに行くべきだろう。
ちなみにお神輿は西友の前を14時過ぎくらいに通過するらしい。
うん、そちらも楽しみだ。
2005.09.28(水) 魔法使い