南八幡の「穴作」のうなぎ丼、あなご丼がお奨め!
穴子(あなご)。
自分と同じブルーハーツ(リンダリンダ)世代のニンゲンならばまず、
サザエさんの夫の「マスオさんの会社の同僚」が思い浮かぶだろう。
彼のあの甘い声で愛の告白でもされようものならドキドキだよなぁと見るたびに想うのである。

南八幡の「穴作」というお店があって前から気になっていた。
なんで穴作なんだろう。でも今回、あなご料理のお店ということが分かって納得した。

さてさて何を食べようか。
お腹が減っていたのでご飯が食べたい。(゜Д゜ )イツモタ゛ロ!
店員さんに聞いてみると「穴子丼」があるという。

値段は700円とのこと。
注文してからしばらくして、アナゴを焼いているのだろう、店内に良い香りが広がった。
しばらくするとゴマとタレのかかったご飯に穴子が乗せられている。

ウナギ系の食べ物は美味しいということは前に食べたハモで覚えた。
穴作の穴子はその期待を裏切らなかった。
箸だけで切れてしまうトロトロの柔らかいアナゴちゃんがそれはもう。
ウマーなのである。

これからはこういう「ここでしか食べれない得意料理」のあるお店が
生き残っていくのだろうと想った。ちなみに穴作ではうなぎ丼が600円。
美味しいのでとりあえず、食べてみて欲しい。

あなご・やきとり料理
居酒屋 穴作
TEL 047-378-6000
市川市南八幡3-7-16
(串ボウズのを進んだトコ、日下部病院の横)
2005.08.13(土) 魔法使い