オラこんなおでん食ったことねぇ!知る人ぞ知る最強の名店「おでんの金太郎」!
とにかく美味しかった。「美味いおでん屋がある」。噂は聞いていた。八幡に住んで合計4年目にして、ようやくそのお店に行くことが出来たのだ。名前を「おでんの金太郎」。行徳街道沿い(多分)にそのお店はあった。

最初に頂いたのが丸々一個のじゃがいも。そのサイズたるや尋常じゃない。それなのに中まで味が染みまくりで、染みてる味も最高に美味しかった。濃すぎず薄すぎず、絶妙。こんなおでん食べたこと無い。それが正直な感想だ。

ユッケも最高で鮮度、味、量。どれをとってもラスボスレベル(*)。600円でここまで美味しい生肉を出せる店ってのも始めてだ。写真を撮り忘れたのが残念だ。だって後で値段聞いたんだもん。貧乏な筆者の体感価格でも1000円はくだらないのに。

その他全てが激安、激ウマだった。最後の会計は5人で8800円とか。そのお得感から「アリエナーイアリエナーイ」といつもは使わない恥かしい日本語を連発してしまった。

店内は至って質素。トイレなんて簡易トイレだ。ただ、美味しい料理、控えめすぎるほどのお値段は現在の筆者の脳内お店ランキングでダントツ。正直、お洒落なお店に慣れた若者には入りにくいかもしれない。それは仕方ない。ただ、ここに来れば最高に美味い料理食べることが出来る、それだけだ。

筆者はグルメではない。「燕の巣、馬刺し、河豚、くさや」などをこの1年で初体験し、着実に経験アップはしているものの、週に3回は豚めしを食べてウマウマ言っている時点で、まだまだ先は長いのだ。そんな人間が書く記事なわけで、料理がある程度美味しければすぐに感激し、ニュースになってしまっているのが現状だ。

だがしかし。ニュースの中にもやはり「これはみんなに強く伝えたい!」と本気で思う記事がある。そんな記事は「お得」などと同様の表現をしていてもそのレベルが違うのだ。本気モードかどうかは文章で判断しちゃって欲しい。そして勿論、今回の金太郎については本気でお得でなのである。

(写真はモツ煮込み)

*ラスボス
ゲームとかで出てくる最後の敵(ラストボスの略)


トップニュースに書いてある行徳街道沿いってのは違うと思いまーす。銚子丸とか、紳士服屋の通り(産業道路とかみんなが言うよね?)の赤提灯です。あーー、教えるのが惜しいと思っちゃうくらいお気に入り。(メイン掲示板よりたっさんThanks!!)
2004.06.21(月) 魔法