2007.08.09 養老渓谷 養老川で金塊探し!後編
2007.08.09 養老渓谷 養老川で金塊探し!前編
あらまし

前編メニュー

魚を釣りながら養老渓谷へ
お弁当を作って頂きました♪
冒険と言えば魚釣り!今夜のおかずをゲットせよ!
ここが養老渓谷!?でも人が!?
宝探しは常に行います
滝の中を歩き放題、栗又の滝
異常性物 宿敵「Hill(ヒル)」参上!!
気をとりなおして…男らしくテントを張ろう!

→2日目へ

あらまし

養老渓谷に行く前の市川の空
ほれ、見てごらんなさい。
2007年8月9日、午前5時の市川市南八幡の空。
何かを予感させる最高の天気である。
今年の最初の冒険は
友人と2人で養老渓谷向かい、金塊を探す
というものになった。


拡大地図を表示
サラリーマンなんて現代の仕事をしているとストレスがどうしても溜まる。
いやいや、仕事場は至って快調だ。
普通に生きているだけでも毎日のように山や谷はもちろん、
軽い気持ちで竜巻や台風 だってやってくるのが人生なのである。

一番のストレスの原因はそんなものじゃない。
言ってしまうとそれは男の大敵、「ロマン不足」だ。
女性が強くなろうが、結婚しようが子供が出来ようが、
ロマンを追いかける心意気。こればっかりはかけてはなんね。

大自然に立ち向かいたくなる欲望、冒険に出たくなる衝動。
それは例えば大雨や台風の日に外に出て川を見に行きたくなったり、
フラれたわけでもないのに傘を差さないでズブヌレになりたくなる、
あの手の衝動。

そんなわけでこの1ヶ月、男のロマンに向けて
柏の東急ハンズSHOPSコルトンプラザのSPORTS WORLDで装備を整えていた。
(市川市SHOPSのスポーツDEPOと鬼高のコルトンのスポーツワールド、同じ物だと思ってました)
オレにしてはかなりのお金を投資したと思うが、
楽しいことをするためなんだもの、それも良しである。

はてさて、果たしてお宝は見つかったのか!?
それではどうぞご覧下さい。

1日目スタート
養老渓谷に向かう車の車中から撮影 養老渓谷に行くためにレンタルしたキューブ

レンタカーで市川から養老渓谷へ

今回レンタカーをしたcube(キューブ)
形がキュートで良いのだけど野生のアブが集まってきて多少危険。
それでも男は黒にこだわるのがベストなのである。
車欲しいなぁ。
南船橋の ららぽーとか幕張のカルフール行くときくらいしか乗らないのだろうけど。

千葉県の房総半島に近づくに連れ、気分は20代の若者の気持ちになり、
窓を開けて雄叫びを上げたりする。(みなさまゴメンナサイ)。


お弁当を作って頂きました♪

養老渓谷に行くと伝えると友人が作ってくれたお弁当 市原市の歩道橋
テントも貸してくれ、かつ、早朝にお弁当を作ってくれているなんて。
友人達に言い尽くせないくらいの感謝有り。ご馳走様でしたー。

養老渓谷に向かう途中の田園
道中に小湊鉄道の単線を見たりしながら
ドライブは快調に進むわけだけど、その辺りは長くなるので割愛。

冒険と言えば魚釣り!今夜のおかずをゲットせよ!

房総Fishing馬立店前で 房総Fishing馬立店前で購入した釣り餌
途中にあった釣り具屋さん「房総Fishing 馬立店 」さんで店員のおばちゃんに聞きながらエサと網を購入。

静かにしているエサはこの時点では違和感なく見ることができたのだけど、、、。
(最初は冷蔵してあったので動かなかったのだけど、
しばらく経つと全員がモゴモゴと動き出してて、、セレブが見たら気を失いますよ。。)

オイラの夢の1つに、 釣った魚をすぐに食べたい!というものあった。
ぜひとも、今回の冒険でそれを実現させたい!!

目の前に竿がある、すぐ近くに川がある。
こうなってくると、男なら早速やってみたくなる。
おお、川だ!買った釣り竿を試してみたい!!ってね。
(ちなみに、オイラは自分で釣りをやった経験はありません)

養老川 養老川
実際に橋の下に寄ってみると、、、
最高のロケーションでちょっと海外っぽさすらある。
もうちょっと都会なら家のない人達の住処になってるよなぁ。一等地だ。

まずはエサづけに苦労した。
ゴキより蛇より何より、毛虫やこういった系統が苦手。
(ハエの子供が得意な人なんて居ないと思うけど)
生きてるそれを手にとって針をぶっさすわけで。。。)

全身に汗をかいてるオレを見て、最初は友人がつけてくれたので
それを川に投げ込んでみると。。あらま!!!
わずか5秒、エサも沈み終わる前に魚がヒット!!

養老川で釣れた魚 養老川で釣った魚

昔オヤジと良く釣りに連れていってもらってたけど、
自分でこうやってつり上げるのは初めて。
年甲斐もなく、「ギャーギャー」と興奮してしまった。
かなり小物だけど、釣れる物なんだなぁ。
その後、10匹くらい釣って終わりにした。
じゃないと何時間でもやってそうなので。

「オレら大物、こいつら小物。川に逃がそうか?」
という話にもなったんだけど、
そこはキッチリ「持ち帰って食べよう」と進言した。

バスフィッシングと一緒にして欲しくない。
遊びでもスポーツでもない。そんな余裕なんて無い。
オレはいつでも、生きるため 行動してる

養老渓谷を観光する

ここが養老渓谷!?でも人が!?

養老渓谷の風景 養老渓谷で飲んだサイダー
昼過ぎ、車は遂に大多喜町は養老渓谷へ到着
だけどかなり不景気なようで町はギャ、ガランドウ。
夏だってキャンプシーズンなのになぁ。。
どうしたんだ、養老渓谷。

寂れた釣り堀のお店で多少、休憩。
なんといってもこの日の関東地方は猛暑、MITUYAサイダーがうまいぜ。
ガラガラの貸し切り感も悪くない。
そうだ、今回はレジャーじゃない、冒険にやってきたんだから。
このサイダーが最後の娯楽だ。けちくさく、最後の一滴まで飲み干した。

宝探しは常に行います

養老川、探検 養老川
大冒険は明日にしようということで、とりあえず、近場を歩く。
何かあるかなと思って茂みを見つけては入ってみる。
あるのは竹薮の壱億円か、それとも黄金か。どこに何があるかなんて分からない。


お、あった!!・・・ 野グソが。
そして目が曇っていなければ、間違いなく人糞。
事実は小説よりも奇なり。水曜探検隊のようにはなかなかならない。
それにしても10年ぶりに見たわ。あるところにはあるもんだ。


滝の中を歩き放題、栗又の滝

栗又の滝の入り口 栗又の滝  栗又の滝の空 栗又の滝を真横から
次に近場の観光名所、栗又の滝へ。
ここって一応、千葉県最大級の滝なんだって。
滝の中を自由に歩くことが出来るのがビックリ。
栗又の滝の壁に上る 栗又の滝の中で撮影 栗又の滝でしゃがみ込む 栗又の滝でポーズ
記念撮影。
(ゴロゴロ転がりたかったのだけど、水中にいろんな生物が見えたので断念)

ここで、裏の壁に穴が空いていてそこを探検。
中は真空のような闇。中に溜まる水がひんやりしている。
15mほど歩いたのだけどそれでもまだ先が。。。
恐怖の余り、ここで辞めておいた。
まっ 昼間なのに屈辱だなぁ。。(勇気ある人一緒に行きません?

異常性物 宿敵「Hill(ヒル)」参上!!

養老渓谷の山々 養老渓谷の山々の足下 養老渓谷の山々で座るオイラ
渓谷(けいこく)というだけであってここは切り立った山の中。
それでもなかなか見られない贅沢な山の景色を、デジカメで写真を撮ったり。
これをmixi(ミクシー)とかにアップするんだろうなぁ。
IT社会だなぁ。

養老渓谷のヒルに吸われた足首 養老渓谷の山々のヒル

太陽が沈むと同時に山の景色が消えていく。
なぁんて思いにふけれたのは少しの間。
左足首に違和感を感じてみてみると…!!!

ヒルだ!!!

六本木ヒルならぬ、大多喜ヒルと呼ぶべきか。
左足首を吸ってたところを現行犯逮捕。
やっとの思いで引っぺがすと、その動き方の気持ち悪いこと。
毛虫のような、ナメクジのような。この世の生物とは思えない。。

そう言えば魚釣りの時に買った釣りの餌(白バエの子供、つまりウジ)
異常な生命力にも驚いた。

房総Fishingで購入した釣り餌
ビニールに詰められ、お店ではお客に売られるまでずっと冷蔵庫に入れられ、
釣り針に体を2箇所貫通させられ、川に何度も投げ込まれ、
その度に魚に食われ、その後はずっと車の中で串刺し状態で待機。
その後、関東地方が「猛暑」と発表したその日の夏の車の中の猛烈な暑さに
長時間耐えていて、次の日の昼を過ぎてもまだ生きている。


なんだこの生命力。。。
もうアゼン。 ゴキブリなんて比じゃない。 異常だ。。。

そしてこのヒル次官補もも棒でグリグリしても全く死なず。
大の男が棒でアスファルトにこすりつけているのに!?
一度は動きを辞めても、30秒すればまた動き出す。

友人と心底、恐怖した。
「寄生」生物の脅威。
異常気象で巨大なのが現れ始めたら 人間はエサになる。

養老渓谷の山々でヒルに挿されてブルーになっているオイラ
挿された直後の表情。きもちわるぃ。。。
なんだかテンションも下がった。。。


気をとりなおして…男らしくテントを張ろう!

「暗くなる前にアテント(そりゃおむつ)を張った方が良い」、
という助言を友人から頂いたので、キャンプ場に早めに帰って、 テントを張る。
なにせ初めて使うテントだしね。

養老渓谷でテントを張る様子 養老渓谷でテントを張る様子
これがやってみると簡単そうで難しい。
悪戦苦闘しながらもこれまでの人生経験でなんとかカバー。
男たる物、テントくらいは張れないと。
養老渓谷でテントを張る様子 杭を挿す 養老渓谷で張られたテント
なんとか30分ほどで完成ーー。
うおー、立派なテントですたい。(友人に感謝)

養老渓谷で乾杯をする様子

夕暮れの川沿いで発泡酒ではないビールで乾杯!!
(市川の花火大会のとき、リッチなビールをくれた友人に感謝)

→そしていよいよ大冒険の後半へ!